あなたがいればここは天国

あなたがいない天国は地獄。三度の飯よりJ事務所と役者とうどんが大好き!

手紙の書き方

 

気づいたらしょりコンから1ヶ月が経っていて、はてブロ運営からメールが届いたということで…

だーーーーーいぶ昔に俳優おたく界隈で流行ってた手紙の書き方を記事にするよ〜!

わたしは舞台俳優おたくなので、違う界隈の人に共通するかはわからない!

 

 

 

 

◆レターセット

最初のうちはお花の便箋とか色んな種類のものを選んでたけれども、いまの推しに贈る頃には安定してきて一番最初に出した時から最近までずっとキャラクターもののシリーズで統一しています。近所でそのシリーズのレターセットが売ってた店が潰れてしまって以来、ふらっと入った店で見つけたら必ず2セットずつ買って帰る癖がついてしまった。使いきらないで増えていく一方なのでブロマイドよりも積み上がってる。

でもそのおかげで推しに直接手紙を渡す機会があって、はい。って手渡した瞬間に「出た!(キャラクター名)!!」って言われたのでちゃんと読んでくれてたんだなぁって感動しました。

 

 

 

◆宛名

西暦、月日、作品名、◯◯役、推し

全て手書きです。当日読むとは限らないので、いつ出したのか。マチネかソワレかも明記しています。

 

 

 

◆書き出し

推し様 を大きく書いて、自分なりの挨拶の仕方で統一してます。「こんにちはー!」みたいな感じで固くなり過ぎないように気をつけています。初日なら初日おめでとうございます、千秋楽なら千秋楽おめでとうございます、と本題に行く前に一言添えています。

 

 

 

◆内容

公演の感想、複数回観劇なら推しは勿論その公演で気づいたことも含めて全て書くようにしています。基本的には推しの仕事に関してのことですが、推しかぶりと話したこと、最近の出来事、ぱっと浮かんだこと、など結構自由に書いてます。最初のうちは推しの仕事に対しての感想をひたすらに書いてたんですけど、それだと手紙を書くっていうのが作業にしかならないし書いていて全く楽しくなくて、最終的には手紙を書くのをやめてしまったことがあります。相手はどう思うのかはわからないけれども、自分が書いていて楽しくない、ひたすら「よかったです」を繰り返した手紙を読んで誰が嬉しいと思うのだろうと。わたしはそう思ったので、推しの仕事を褒めるだけの手紙を書くのを辞めました。そうしたら素の自分をどんどん出せるようになっていって、手紙を書くのが楽しくなりました。ただし素が出過ぎると推しから雑なテンションで絡まれることになりかねないので、そういうのが嫌な人は自分のキャラ設定を作った方がいいと思います。

 

 

 

◆締め

初日〜公演前楽までだったら「千秋楽までがんばってください!」的な言葉で締めくくります。千秋楽は「お疲れ様でした!ゆっくり休んでください!」みたいな感じかなぁ。

 

 

 

◆枚数

みんなどんな項目で書いてるんだろう〜と思って結構ブログ巡ったのですが、みんな枚数少なくて、え、え、え、ってなった…。わたし基本4枚〜なので…。まぁ雑談とか書くとそうなっちゃうよなという感じ…。あと割りと字が大きいので普通の人が書くともしかしたら4枚が2枚になるのかもしれないけど!なんのときか忘れたけど、最高枚数は15枚。これを上回る人を身の回りで2人程知っているので、長文書くの全然躊躇わないです。

 

 

 

◆頻度

2年前までは入る公演数分きっちり書いてました。マチソワだったらマチソワ間でカフェ行ったりとか。最近は手紙を書く労力がなくて気が乗ったときだけ書いてる。昔の熱量が欲しい。

 

 

 

◆製作時間

下書きノートというのをつくっていて、そこに下書きを書いてから便箋に書いています。下書きと合わせると2日くらい。時間がないときは携帯のメモに書きためておくこともあるけれども、それだと書きたいことがあまり浮かんでこないので、わたしは下書きからペンを走らせています。

 

 

 

◆こだわり

こだわりかはわからないけれども、デコレーションとかは一切しません。だって可愛いキャラクターの便箋でデコレーションするところがないんだもん…。というのもありますが、物凄く面倒くさがりなのです。無地からデコレーションする人めちゃ尊敬する。その代わりちょっと気が向いたときにだけ、仕掛けを作ったりしてます。あと可愛さは全てキャラクター便箋に任せているので、宛名とかは目立つように太く濃く書いています。パッと見で誰宛かわかるように。機能性重視してます。

あとは推しが年下だろうと年上だろうと同い年だろうと基本的には敬語です。推し歴が長くなってきたら、「〜なんてね!」みたいな感じでたまに砕けた口調も使いますが、基本的には「〜だと思います!」とか「〜です!」とか書いてます。

 

 

 

◆目標

かわいい顔文字とかを文章の途中に組み込めたらいいなぁってずっと思ってます。ガラケー時代の簡単な顔文字2パターンくらいしかレパートリーがないので気づいたら「!」乱用してて、友人に息をつく隙がないと言われたことを未だに直せてない…。今年度中に5パターンくらいに増やしたい。

 

 

 

以上です。

あ〜〜〜〜〜手紙書きたくなってきた〜〜〜〜

佐藤勝利 summer live VIC's sTORY


ヴィクトリー!勝利!ヴィクトリー!勝利!!


っていうかヴィクトリー!って言われたら反射的に「勝利!!!!」って叫んじゃうの冷静に考えて最高じゃない??ヴィクトリーといえば勝利だし、勝利といえばヴィクトリーじゃん???(?)



というわけで行ってまいりました!

佐藤勝利 summer live 2017!!!!!!



結果的にいうと最高だった〜〜〜〜!!!

終わった瞬間に友達が「体感時間15分」とか言い出して、わかりみが凄すぎてびっくりした。

会場でたら13:30くらいじゃない??って。


冗談はさておき、

ステージの構成力の高さなにあれ!

去年よりも凄くないですか??

独りよがりにならないセトリだなぁと感じました。

魅せるところは魅せる、みんなと盛り上がるときは盛り上がる。うまい!!!でも曲の緩急が凄すぎてびっくりしたけどね!!イエーーーー!!!ってなったあとの Last Winter's Nightとか、イエーーーーー!!!!ってなったあとのホタルとか!笑


そう、ホタルね。ホタルなんですよ。


気付いたらわたし去年のKinKiアリーナツアー行けなくて、ドームしか入ってないんですけども、アリーナとドームでセトリ変わっててアリーナではホタル歌ってたけどドームではホタルがリストラされてたんですよね。だからKinKiより先に佐藤勝利のホタルを先に聞いてしまったという凄い体験をしました。笑


それとわたしINTERACTIONALをしぬほど楽しみにしていったところあったんですけど、めっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃくちゃ良かった!!!!!!!!!

セトリ見て、まずINTERACTIONAL????SHOW ME UR MONSTER(いんたらの両A面のもう一曲のほう)じゃなくて????って不思議に思ったんですよ。SMUMの方が王道ジャニーズっていうかそういう雰囲気のある曲なので。

だからグルーヴ感のある曲をわざわざチョイスするなんて珍しいなって思ってたんですけど、その謎はしょりコン行ってわかりました。あのコンサートのテーマが!映画だったんですね!納得!

そしてわたし自身いんたらがめちゃくちゃ大好きだから思わず光一のほうの踊りでペンライト振ってしまってたんですけど、所々で振りがシンクロしたんですよ。相当映像を見込んでくれたんだなって凄く嬉しくなりました。(vanillaのサビもちゃんと振りを本家にしてくれてたから一緒に踊れた!嬉しさ!!)


っていうかねーーーーーー!!!!勝利めちゃかっこよくて!!!!!!!!いややばくない?????INTERACTIONALからのLovelessの流れまじで天才すぎない????シャレオツが過ぎる……ありがとう……。

こういう魅せる曲のとき5秒に1回くらいの割合でずっと心の中で「かっこいい…」って言ってた……。かっこいい…。


っていうかわたしライトがギラギラうろちょろしてるやつからの、センターだけにバン!!!って集結したり上からのピンスポのみになったりするのめちゃくちゃ最高に大好きで、それ3回くらいあって最高極めてる…(語彙力の欠如)ってなった……。


っていうかMCさ!!!なにあれ!!!!

ハイBに挟まれる佐藤勝利をみてて、なんか…なんだろうな…この光景どこかでみたことある…なんだろう…って思ってたらわかりました。堂本光一みが凄い。

いやほんと堂本光一みが凄すぎない?!?!やばない?!?!?!ってなって1人でめちゃわらってたwww

身を乗り出して相手の話を聞いちゃうところとか、後輩がツッコミづらいボケをしてしまうところとか(かわいい)、話の運び方とかほんと堂本光一にみえて仕方がなかった…。

ってなって、わたしと同じくKinKiとセクゾ兼任おたくに話をしたらめちゃくちゃ同意してくれたからやっぱりそうだよね…ってなってるところ!だからなんだって話!


あと金指くんとの恒例のやつ全然しらんくて、可愛い生物たちが「わわわ〜!」「あわわ〜!!」とか言い出してまじで心臓止まるかとおもった…ちょっと!!!!あれは無理でしょ!!!!!!!!先に言っといて!!!!!


今回の席が1バルのバクステ近くでヒィッってなってたんだけど、見事失敗しました。一瞬しかこっち向いてくれなくて、あれ、短いな??って思ってたら反対側の席の人がみんなキャーキャーしてて手をめちゃくちゃ振ってて、心なしかそっちの方が長い時間向いてたかなって…。それを見てそういうことか〜〜!!!!ってなりました…。

そうだ!!!!ここはアイドル現場!!!!舞台現場じゃねえ!!!!!!自分からアピールしに行かなきゃダメだったんだ!!!!!!!超反省!!!!!!!ファンサ貰えてからキャー!って言おうっていうスタンスで行っちゃだめだった!!!!!!


って反省したところで、トライアングル…

佐藤勝利の黒衣装大好きマンなのでウゥ…ってなったんだけど、ふと気付いたらハイハイ入れて5人になってる…って気付いてしんどいのかたまりでした。友達とも言ってたんだけど、セクゾの5人で歌うのとはまた違うじゃん???1人なのを5人にしたの…うぅ…。


そこからの次の曲がジャニーズなんちゃらアイランドで披露された曲だったみたいなんだけど、その歌詞の冒頭が「泣かないでよ」みたいなこと言ってて「お前のせいだよ!!!!!!!!」って言ったのはいうまでもなくって感じでした。笑


あと今回最後の曲が終わったあとに垂れ幕がバン!って下がってきてそこにメッセージが映し出されて終わるんだけど、アンコールがなかったのね。それがとてもとても良かった。

まるで映画のフィルムをバツッって切ったみたいな終わり方だった。ほんっっっっとによく考えられてるな〜〜〜〜!!!



というわけで、去年のしょりコンの楽しさを大幅に塗り替えた楽しさを体験させてくれた今年のしょりコン!!!!!最高でした!!!!!!!素敵な夏をありがとう!!!!!!!


拝啓 Sexy Zone 様

 

なんていう激オモな手紙を書き始めそうになりました。

 

お察しの通り SexyZoneベストアルバムを購入し、5TAGEという曲を聴きました。まず第一声にびっくりしたんですけどわたしだけですか????こんな歌割の仕方ある??この時点で、これは只事ではないと思いました。

 

 

ーーーーー

 

という下書きを半年近くも保管しておりました。

そしてやっと続きを書こうという気になって筆を進めています。筆じゃないけど!

 

 

というわけで、Sexy Zone STAGEツアーいってきました!!!!!!

横アリ、最後の地だったので待ちに待ちに待ちに待った!という感じで!

 

公演終わってまず思ったことは、

「え?無理すぎん????」でした。最高すぎてしんどい。しんどかった。

 

セトリは予め見てて、演出だけ見ないようにがんばってたんだけど、オープニングからSexyがZoneしてて本当にかっこよかった……。

というか開演前からしんどかった。

メインモニターに現在時刻が表示されるんだけど、「5」だけ赤くなっててそれはもうしんどかったし、セクガルのみんなと一緒に開演時間をカウントする瞬間がやばかった。久々に始まる……!!って思って心臓が飛び出そうになった…。

 

オープニングからSexyが振りきれすぎてて本当にやばかった…。

 

あと噂には聞いてたけどあれはずるすぎない?????

Sexy Zoneとデートだから♡♡」っつって頑張ってジャニオタのコスプレ(ジャニオタのコスプレって言葉作った人天才かよ…。好きでいっぱい使っちゃう。要は気合入れてお洒落していくことです)していって、なんならメイクだってうまくいった!やった!ってなったのに、いざ横アリに行ったら着ぐるみを着てお尻ふりふりしてるわ、しまいには生着替えの様子を見せられ幕があいたらスタイル抜群の美少女が出てくるわでなんかもう膝から崩れ落ちたい気分だった。おたくがどんなに頑張っても!!!!!!自担には敵わねえ!!!!!!!!!!自分でやってて楽しいから辞めないけど!!!!!!!でも可愛さもSexyさも完敗です。なにあの…なにあの美脚……欲しい……。ひとりひとりカメラで抜かれるとき、みんなプリティ振りかざしてたのに聡子だけ真顔で絶妙にブスだったの最高だった…。ずるい…。ちなみにわたしは風子か健子…どちらか選べませんでしたね…。

 

あとMCで勝利が「マリのさ、英語でつなぐとこあるじゃん!あそこのさ、なんちゃらら♪っていうとこすき!」みたいなの言ってたんですけど、その「なん⤵︎ちゃ⤴︎らら♪」の言い方が最高に可愛かった。あれなんていってるの?に対して、「え?◯◯??」って答えてたけど「それちがう!!!!!」って即答してたのもめちゃ可愛かったし、「あ!わかった!etceteraだ!」ってマリがいったときの「それーーーー!!」みたいな反応もめちゃ可愛かった…総じて可愛い佐藤勝利…。「えと⤵︎せと⤴︎ら♪」「えと⤵︎せと⤴︎ら♪」連呼しててしんどいがすぎる…かわいい…。

 

わたし今回密かに楽しみにしてたことの一つがアリーナでサマハニを聞くことだったんですけど、営業マンからバタフライになる早着替えが華麗すぎて全然みえなかった…。瞬きしたその一瞬で蝶になってた…。

あとわたし生でサマハニ聞いたの初めてだったんですけれども、なんか聞いてる途中でなんの疑問も抱かずに「あ、中島健人ってこの世の創造主だったんだ〜!尊い〜!」って思ってしまって、帰り道に冷静にこれはやべえって反省したんだけど、検索したらわたしだけじゃなくて結構な人数が同じこと思ってて、中島健人ってほんと何者なの!?!?ってなった。彼氏も旦那も蝶も通り越して創造主になってしまってた…。

 

 

 

なんか書きたいことは色々あるんだけども、もう記憶も薄くなってきてしまった(早く書くことを学ばない)

 

 

わたしにとってのSexy Zoneの最高のコンサートはいままでウェルセクだったんだけれども、今回のSTAGEコンでそれを上回りました!めちゃ楽しかった!

 

そして突然語りだすよ!!!

わたしにとっての初めてのSexy Zoneがたまアリでのコンサートだったんですけれども、ほんとそのとき新規もいいところで曲は知ってたけどセクボってなに〜?て感じで行ったんですよね…。コンサートは楽しかったけれども、楽しくなかった。5人が同じステージに立ってないのに疑問を感じて、なにこれキスマイみたいじゃん…。って思いながら帰ったんですよね。その先の未来を何も知らずに。

 

 

そこから先は皆さんご存知の通りの期間がありました。

わたしは自担が何故かグループの子じゃないって言われてるみたいで最初は本当に意味がわからなかったし、結局最後まで本当に意味がわからなくて未だに納得してなくて、その間に周りのセクガルたちはみんなズンズンドッコされていくしこれはなんなんだ???って、ただひたすらにその時間を、ただ、ただ生きていました。

たしかにわたしにとって自担のいない、「メンバーの揃っていないSexy Zone」ってなんなんだろうなって思い続けていたけれども不思議と「嫌い」っていうことは一切考えなかったっていうか、そういう感情がうまれなかったんですよね。

確かに悲しくて苦しくて、なんでこんなことになっちゃったんだろうって思ったりもしたけれども、多分それって本人たちが一番思ってることでファンであるわたしが彼らにそういう感情をぶつけてはいけないなって無意識に思っていたんだと思います。それと何よりも、本人たちが「今回は3人で!」って言い続けてくれていたり、本当に心から5人のSexy Zoneを愛し続けていてくれて、大人と戦ってるんだなぁとわかるようなことも感じ取れたのが大きかったです。だからわたしも信じ続けられた。

 

でも心では思っていても、信じていても、実際に目に入ってくるのはSexy Zoneの3人でした。「今回だけです!」って言ってくれてから気づいたらCDが3枚発売されていました。でもその時に救ってくれたのはSMAPだったんですよね〜〜〜〜ってなんか話がズレてきた…!話長くなるからやめます 笑

 

 

 なんてことをコンサートでSTAGEを聞きながら走馬灯のように色んなことがよぎって、でも彼ら5人がきちんと言葉にして伝えてくれて。ぶっちゃけ納得できたかと言えば多分できてはないし多分一生忘れもしない出来事だと思うんだけれども、それでも各々に頑張ってきた証が今だから、あの頃の世界に向かって「大丈夫だよ」って大きな声で叫びたい。

いまの彼らをみて、昔誰かが言った「若いだけが取り柄のグループ」なんて皮肉言わせないし、なによりもまた薔薇が似合うようになった。こんなに嬉しいことってないと思うんですよ。

 

いつでもどんなときでも笑っていてくれたマリちゃん、ただひたすらにパフォーマンスを磨き続けた聡ちゃん、いつみても完璧なアイドルで居続けてくれたケンティー、どんなことも全て一人で背負おうとしてくれた風磨くん、そして誰よりも5人でいることを強く望んで愛してくれた勝利くん。

これまでの、そしてこれからの想いが全部詰まってるSTAGE。

コンサートで聞いたSTAGEはそれはそれは愛の溢れた瞬間で、本当に幸せでした。

メンバーもファンも誰一人Sexy Zoneを諦めなかったから今がある。そして未来に繋がった。その瞬間を見届けることができたことが、わたしの生きてきた人生でかけがえのない時間を過ごすことができました。


遊び盛りの男の子たちがアイドルという職業を選択し、自分の人生を賭けて世界中の人を笑顔にしていく。

まだまだ若いあなたたちにとってデビューから今日までの5年間は、誰もが経験できるような甘っちょろいものではなく、とてもとても濃密な時間だったと思います。


「まだ5年。」


いままでたくさんの時間を一緒に過ごしてきたと思っていましたが、まだたったの5年です。


『この棘が刺さろうとも

歩いてく あなたと この未知を』



10年先も20年先もずっとずっと一緒にSexy Zoneと歩んでいきたい。


そう思わせてくれた、素晴らしいコンサートでした。




ところでジャニーズはいつ終演後に円盤予約させてくれる制度始まるんですか!!!!!!!!

おたく余韻に浸っててちょろいから絶対帰りに予約するでしょ!!!!!

うぅ…



1991.05.05→2017.05.05

本日2017年5月5日。

 

時は遡りまして、1991年の5月5日。

横浜アリーナ光GENJIのコンサートで運命の歯車が動き出します。

兵庫から来た堂本光一くん、奈良から来た堂本剛くんがそこで出会うのです。

一緒にコンサートを見たあと、横浜のホテルに泊まってそのホテルで初めてフォアグラ食べたりしたみたいです。彼らにはまだ大人の味だったようで。

 

皆さんご存知の通り、このあと二人はジャニーズJr.になりKinKi Kidsというユニットを組みCDデビューをし、今でも多くの人を魅了し続ける存在となりました。

 

KinKi Kidsには、誕生日やデビュー日の他にも記念日と呼ばれるものが多々あります。

そのうちのひとつが今日。5月5日です。

すべての始まり。26年前の今日が全ての始まりなんです。

 

 

 

そんな大切な記念日に、行ってきました。Sexy Zoneコンサート!

場所はなんと横浜アリーナ!!!

 

ぶっちゃけ、今までも色んなグループが5月5日に横アリでコンサートをやっていました。いましたが、個人的に上記のように思い入れがありすぎるために一歩を踏み出せないでいました。むやみやたらに行くんじゃなくて、せっかくだから大好きな人に会いたい。わたしには、そのタイミングが今年でした。

チケットをとってくれた友人にはそのことは一切知らせませんでした。運を任せてみようって思って。……結局、公演直後に言っちゃったんですけど(笑)

 

わたしにとってKinKi Kidsと同じくらい大好きなSexy Zone

いまこの記事を書いてたら全然関係ないじゃん(笑)って思ってきた!

あれ??関係あるか????

 

今日の横浜アリーナ

大好きが詰まっていました。3曲目くらいから「もうおなかいっぱい!!いっぱい!!すごい!!」って叫んでた。はやい。

こちらについてはまた後日。

 

わたしがお昼にSexyの光を浴びていたら、なんと20周年のコンサートが決まっていたようで。夕方1人で騒いでたんだけど何故かみんな騒いでなくて、え?なんで???あれ?みんな気づいてる???って思ってたら「昼に騒ぎ終わったよ(笑)」とのことでした。祭りの後だったー!笑

 

 

26年の時を経て同じ場所で、キラキラなアイドルを見て、将来を共にするであろう出会いがあったらいいなぁ。

 

 

自分で決めたことだけど


突然ですが!

自分の好きなものにお金を出すぞっていうのを今年の目標のひとつとして掲げています。
いつも思ってはいるけど行動に移せてないな!と思って、今回はとりあえず2公演しかチケットを取らなかったのですが早速の罪悪感を感じています。

自分が仕事休みの日に家にいる罪悪感!
現場に!行かねば!!!という気持ちを抑えつつ、数少ない未だに付き合いのある同級生とカフェにランチしに行きました。

ここ数年は演劇が自分の中で最優先だったので、友達に誘われても公演期間とカブってたら全部断ってたんですよね〜〜公休の日も。突然行きたくなるかもしれないしって思って。
でもそうしたらどんどんわたしの周りから友達は離れていってしまって、そうなると連絡先は知っていても気軽に声をかけていいものなのか…となってしまっているのに気がついて、これじゃいけない!と思ったので、冒頭にも書いたような目標を掲げました。今年から。

舞台を何回も観に行くのって、「この作品は今しか存在しないから!」って思ってたからなんだけど、よく考えたら友達と話す時間も今しか存在しない時間になるんですよね。
どれをとっても自分の中で大切な思い出になるんだなぁって漸く気づくことができた気がします。まだ過程。


しかしフラっと入ったカフェがとっっっっっっても美味しかった!!!!
gramっていうカフェ!!!
お腹が究極に減ってたからスクランブルエッグのパンケーキを食べたんだけど、すっっっっっごくおいしいの!!!!!
ケチャップとパンケーキの組み合わせ、こんなに合う?!?!ってくらい!!!
友達もフワフワしたパンケーキ頼んでたけど美味しい美味しいって言ってたし、また来たいね〜〜!!っていって店を後にしました。

わたし趣味以外に興味のあることって特になくて、食に対しても友達と一緒に食べれたらいいやって感じなんだけど、初めて!この店が家の隣にあったらいいのになって思ったの!笑

チェーン店みたいなので、お近くにあったら是非!

Endless SHOCK2017 に行って来たよ

 

前回のキンキコン記事で下書きしていたとはいえ放置したらポンコツ記憶力で記事が書けるわけがないと実感したので!帰りの電車で!これ打ってるよ!!!!

 

 

いや〜全然関係ないんだけど、

なんか今回時間調整うまくいかなくて時間足りなくなって2階の売店でエリザベートの円盤買えなかった。発売当初から3月にSHOCK行くし〜そのときに買おう〜って意気込んでたのに。かなしみ。シャンテ行こう。

 

 

さてさて、わたし毎年1回っていうペースでの観劇をしております。

その1回って結構リスクが高くてですね!

過去に色んなことがあって見れなかった年が1度と、見れないと思ってたけど幕をあけてくれたから見れたのが1度と、結構な確率でアレしてるうどんさんです!

ほんとは何度でも観たい気持ちのあるけど、座長が「1公演1公演を全力で」と言ってくれているので安心してその1回を見る事ができてるのかもしれないです。

 

 

前置きが長い!

感想いきます!

ちなみにSHOCK知ってる前提で話を進めます。

 

 

今年ね、席がすごくて5列目センブロだったんすよ………

それだけでも楽しかったんですけど、席についた瞬間にあの、帝劇行ったことある人ならわかってくれると思うんですけど…座った瞬間に包まれるお尻……ハァ…これこれ…って思いながら開演を待ちます。

 

開演が近づいてオーケストラがオケピから上がってきたとき、わたしずっとあれ本物だと思ってたんだけど今年はじめてあれアンサンブルだって気づいた!!!!!!お前は何年SHOCK観てるんだよ!!!!!!9年目です!!!!!!!!

指揮者なんでマイクつけてるんだろう…あれ…あの楽器の人めっちゃ指動かしてない?わざとっぽくない??で耳を澄ませたら壁から聞こえてくる〜〜ヒャ〜〜〜〜まじか〜〜恥ずかしい〜〜ってね!

 

やっぱさ〜〜暗転した状態でどんどん音楽も盛り上がってきて、突然「Endless SHOCK」ってネオンで照らされる瞬間最高すぎない〜〜???

わたし毎年そこで泣くんだけど今年も泣いた〜〜だって1年ぶりなんだもん。帰ってきたー!ってなる〜〜

 

そこでコウイチがバンッ!!!って照らされてさ!ハァ〜〜〜〜ってなって曲が始まるとさ…こう…メインキャストが後ろから出てくるじゃん……いやー…今年はさ…いやー…見た瞬間なんか、あれっ今年なんか違うぞ…ってなった…。

 

福松の安定感はもうほんと安心と実績の福松って感じでホッとするんだけど、松松が…松松がいるぞ……。

いや知ってたけどさ…。

そういえば、現場で松松最後にみたのセクゾコンの埼玉スーパーアリーナだな…ってなった…セク鬱直前の…。

あと寺西はじめましてーーー!!と、ほ……本物の浜中文一だ…!!!!ってなって、結構アンサンブルもほんとに新しい顔ばっかりね!びっくり!好きな人変わっちゃって残念だ!っていうのを一息で叫ぶような感じで確認。

 

今年のSHOCKは面白くなりそうだなぁと一曲終わった時点で思った。

 

最初のフライング。

関ジャムでSHOCK解説を見てからの観劇だったので、背中つってるところをよく見ました。そういえばほんとに衣装伸びてない〜すごい〜!それにしても美しい…。

 

Yes My Dream〜♪のうた。

なんかテラニシとハマナカが言い合ってる〜かわいい〜!ステージから席が近いので地声が聞こえる聞こえる。(ただし何て言ってるのかは忘れた)

脚立に登ってヤラのソロパート。左手カイトで右手ゲンタという両手に華状態なヤラが羨ましい〜!わたしが行った公演ではカイトのほっぺをムニュッと掴んだだけでゲンタはノータッチだった。ゲンタにもちょっかい出す回もあるみたいで!わたしはカイトがムニュッてなってるところを見て「ペンギンだ…」ってなったよ(?)

 

 

ところでこの劇中での千秋楽公演が終わったところの楽屋でのシーンくらいから、気づき始めたところがありました。それはハマナカの立ち位置。

光一のインタビューで色々と「ハマナカは新たな立ち位置」みたいなことを言ってる記事を読んできて、それ以上は深入りしないで楽しみにしておこ〜!って思って今日に至ることを思い出したうどんさん。

第一印象は「ヤラの舎弟か!?」っていうくらいヤラのことを気にしている様子…。いや、ヤラのお世話係かな?みたいな感じで色々とヤラのことを面倒みているように思いました。

 

ラニシはなんかかわいい!かわいいよテラニシ!ゲンタはなんかお兄ちゃんッて感じ!カイトは安定の末っ子ポジ!かわいい!新メンバー組がみんなかわいい!開演前に新メンバーのフォトセ買ってよかったよ……。と冒頭で思うのでした。

 

あとほんと今回のSHOCKみててわたしおかしかったんだけどさ。コウイチがフライングしたら涙ぐんで、いぇすまいどり〜む♪って歌ったら涙ぐんで、っていちいち涙ぐんでたのよ。なにこれ!今日なんかやばそう!って何回も思ってた。

 

なんかこれイチから全部書こうとしてるのに気づいたんだけど字数まじでやばそうだから印象に残ったところだけとりあえず書くね!思い出したら追記する!もう既に色々と思い出せない!

 

 

 

公園でオンブロードウェイに行かない?行こうぜ!?ってなるシーン。

ヤラが「これは俺の……いや、俺たちにとってのチャンスなんだよ!!」っていう台詞で、最初の「これは俺の」って言った瞬間のハマナカの顔がやばかった……ハッ!って顔したあとに後半のヤラの台詞を聞いてちょっと安堵したような顔をしていたのを見てしまった…。お前はヤラのなんなんだ…。っていうかこれは…ハマナカさんヤラのこと全て把握してるんじゃないだろうか…。

 

 前AMERICAだったところのブロードウェイなんちゃら〜っていう曲。あの曲ほんと好きで特にコウイチとヤラが2人で歌うところのコウイチとヤラの声の相性よすぎてやばない!?!?!?!?って鳥肌立つ。でも追憶の雨のときは別にそんなこと思わないんだよな〜、あのメロディが好きなだけかもしれない。ヤラめちゃ低い声で歌ってる?コウイチ?いつも「すげー!!」ってなっちゃってあまり聞いてない(反省)

 

 

あとね!!!!とてもとてもとてもとても楽しみにしていたDANCE!!!!!!!!!!

 

ぶっちゃけわたしSHOCKの初孫ユウタのことめちゃくちゃ引きずりまくってて。

SHOCKを見て岸優太という人を初めて知って、DANCE!をみて「えっ?この子初演だよね?凄くない?」ってなって、それ以降ユウタ経由で岸優太を好きになって色んなJr.を知るようになって…っていうわたしにとっての全ての始まり岸優太なんですよ…。それまでジャニーズJr.ってMAとふぉ〜ゆ〜しか知らなかったし興味もなかったからさ…言い方悪いけど初めての若手Jr.だったんだよ…。それが去年ついに末っ子が岸優太から松倉海斗に本格的にバトンタッチされて、松倉のこと知ってたし好きか嫌いかと言われればめちゃくちゃ好きだし、前年度の地方公演から松倉がやるってなったとき稽古入る前に岸が松倉に「俺みたいにならないように」って振り写ししてた事とかも全部知ってるし、松倉の初SHOCKである地方公演のブロマイドも友達に頼んで買ってきてもらったりしてて。だから松倉頑張れってなって帝劇で松倉を見た。松倉よかった。すごくよかった。けど、どうしても。どうしても!どうしても岸が脳裏にチラついて!CONTINUEで涙でぐしゃぐしゃになって歌うユウタはもう一生見れないのかと思って悲しくなって帰ってしまったSHOCK2016。そんな想いを一年経ってもなお抱えながら迎えた2017年のDANCE!

 

 結果から言うけどめちゃくちゃよかったです。いままでずっと末っ子が歌ってたパートを今年からカイトとハマナカで分割して歌ってたのがよかったのかもしれない。わかんないけど。てかハマナカの歌なにあれーーーーーーーーーー!てなった。なにあれ?歌めちゃうまいとは聞いてたけどあそこまでなの?口あんまりあけてないのに声が通る通る。多分ハマナカが声を出した瞬間、ステージから風が出てた(くらい衝撃だった)。しかしハマナカの歌の見せ場がこのシーンだけなのが惜しい。本当に惜しい〜!今回のオーディションは歌声重視で選んだっていう割には各々の見せ場が例年通りであまり「今年は歌うまい!」って感じる場面がなかった気がする。全員で歌ってるから迫力はあるけれどね。

 

さっき岸優太の思い出を語ってしまったけれど、わたしは今年の公演をみてユウタを引きずるような感情には1秒だってならなかった。多分だけど、松田元太がいてくれたから。本当はそういう風に見ちゃいけないんだろうけど、カイト1人じゃなくてゲンタもいることによって松松だ〜!ってなって、松松の圧倒的パフォーマンスが素晴らしすぎてそんなこと考える暇もなかった。松松だ〜!とは言うけど実際には福松みたいに固定シンメではなくて時にはハマナカとシンメだったりテラニシとシンメだったりするシーンもあったんだけどね!でも松松に挟まれるコウイチ凄かったよ…。福松に負けず劣らないくらい安心感があった。げんげん、本当にオーディション受けてくれてありがとうね。

 

あと気づいてる人は気づいてると思うけど、今回4人見すぎてコウイチのことあんま見てない(笑)

 

 

そしてきました!ソリタリー!ヤラが出トチるシーンですね!今回コウイチが説明する台詞が去年と変わってた気がする。そしてヤラが出てきて、例年だったら「俺の見せ場だ!俺にやらせろ!!!!」って暴れて若手Jr.がヤラを抑えながら舞台袖に捌けていくシーンだったんだけど、今年は自分でちゃんと状況を理解した上で暴れずに自分で舞台袖に捌けていってて、おぉ!?!?!?ってなった。突然のことで状況が理解できねえ!!!!ヤラはヤラなりに「ショーを続ける」ことを選んだのかな…。

 

して!ソリタリー終わったあとの楽屋ですよ!!!!!!!!!

いつもだったらヤラがスタッフに掴みかかりながら出てくるシーンで、ヤラが!!!こない!!!!!こないぞ!!!まだこないぞ!!!て思ってたらやっと来た!と思ったらハマナカだ〜〜〜!?!?!?しかしハマナカ、何て言ったと思います?

 

「コウイチちょっと…(助けて)」ですよ

 

…たしか。笑

楽屋袖の奥のほうを親指で指しながら。

ハアァアアアアァアァァアアァア〜〜〜〜〜〜〜お前はヤラのなんなんだ〜〜〜〜!!!!最高にかっこよかった〜〜〜〜!!!!!!

って、コウイチも「あぁ」みたいな感じで声は出さなかったけど頷いて、でも仲間との会話を続けていたんだけど、そしたらヤラがスタッフに掴みかかりながら来て〜のシーンに。コウイチとヤラのぶつかり合いが最高潮になるシーンが数年前から歌に変わって、わたしここもめちゃくちゃ気に入らないところの1つだったんだけど、今回はもうご存知の通り涙が止まらなくてですね…。よく歌詞を聞いたらコウイチもコウイチで悩みまくってるじゃん…。自分でもどうしたらいいのかわからないままヤラに向けて感情をぶつけてるのに今年初めて気付きました…。いままで曲になっただけで「嫌!」ってなっちゃってちゃんと向きあえてなかったんだな…。反省。

 

このあとオーナーが1人で突っ走っているコウイチに対して「コウイチ、あなたにはまだ仲間がいる。それを忘れないでね。」って諭してくれるんだけど、ヤラとのやりとりで気持ちが高揚したままで絶対話きいてないんだよな〜〜。ここのシーン、コウイチもヤラと一緒でまだちょっと子供っぽさが残ってるっていうか、意地張ってるっていうか、1人で抱え込みすぎちゃってるっていうか、コウイチが完璧で絶対的な存在ではないんだぞっていうのを感じることができてとても好きなシーン。

 

さてジャパネスク。ねえ殺陣の演出変わったの聞いてない!!!!!!!!

 

ハッて気づいたらヤラとコウイチの2人しか舞台に立ってなくて、太鼓とパーカッションがドンドコ鳴り響いてるにも関わらず、凄く静かだったのは照明のせい?緊張感のせい?とにかくコウイチ軍とヤラ軍で大勢で殺陣をするのも迫力があってよかったけど、途中で挟む大将同士の一騎打ちみたいなの本当に痺れた。し、見ている側も何か気持ちを切り替えられた感じがした。少なくともわたしはそうだった。

 

 

 

さぁさぁ!!!!2幕ですよ2幕!!!!!!!!

毎年2幕のDead or Aliveハムレットとリチャードで満足しちゃうんだけど今年は違いますよ!!!!またゴリゴリと気づいたこと書いていきます。

 

まず毎年楽しみにしてるDead of Aliveのコウイチ。終盤の♪Dead of Alive…Dead of Alive…♪って低い声でコーラス入ってるところ、周りのオバケたちがコウイチを黄泉に誘おうとしてるところがほんっっっっっとに大好きで!!コウイチの目がだんだん虚ろになってきて、最終的にはハッと我に返って危ない危ないみたいな表情するんだけど毎年その意識を戻す仕草が違くてめちゃ面白い〜〜!今年も去年と違った!今年はハッ!って感じじゃなくて、あぁ、って感じだった!(?)

 

からのハムレットね……もうほんと元から満天の星よ大地よのシーンが死ぬほど1番大好きだったんだけど衣装変わってからさらに死ぬほど1番大好き……本当あの衣装考案してくれた人に足を向けて寝られない…。だけど毎年ステフォでいい感じの写真なくない?!?!欲しいんですけど!!!!関係者様何卒何卒……

 

 

と、ここまで書くのに数日経っております。

もうおわかりですね?

記憶が薄れてきております(笑)

笑い事じゃない!!!

その日のうちにババっと記事を完成させてしまうブロガーさん本当尊敬します…。

 

 

さて…ハムレットが終わってから何があったかな…

アッ!数年前からリチャードがコウイチからヤラに舞台上で引き継がれていってますが、わたし今年初めて2人の声が合ったの聞いた!!!!いつもちょっとどこかしらズレてたから!!!嬉しさ

ハムレットからのリチャードの流れが最高に好きすぎて今年も最高でした(語彙力)

 

さて、ここらへんでコウイチが命を断ってしまいます。

そしてコウイチの復活。

 

わたしさーーー!!!!コウイチとビバさんと福松で、元気になったから一曲踊ろうぜ!ってなる歌がめっっっっっっっっっちゃ好きなのーー!!!!あの曲めっちゃかっこよくない???ビバさん足長すぎじゃない???

♪夢を〜〜みよう〜〜〜NEW YORK〜〜〜〜♪

これもサントラに入るんだったっけ…入ってたらいいなぁ。

椅子に片足乗っけながら聞きたい!

 

それが歌い終わって、オンブロードウェイでショーを続けているヤラのステージがもうすぐクローズらしいぜ!?って。それを聞いたコウイチが、お!じゃあ景気付けてやろうぜ!みたいな感じでオーナーの劇場(オフブロードウェイ)からオンの劇場に向かうのですが、ここのオーナーのビバさんの表情がなんか寂しかったなぁ。ビバさんも病院からコウイチが息を引き取ったと連絡を貰っていて全てを知っているけれどもコウイチに悟られないようコウイチの前ではいつも通りでいてくれたんだよなぁ…。ハァ…。って泣いてる場合じゃないです。

ヤラの、ヤラのショーが始まります。

 

Reach out higher!!!!近づいたMy Dream!!!!

 

ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ってしてたら曲が終わって、「もう一曲あるなんて聞いてねえぞ??」のシーンだった。うそでしょ???でもさ、去年もあった?「でも続けるんだ!」のヤラの台詞。えぇ〜〜〜〜って泣きそうになった…。からのHigher!!!!!!!!!!!!!!ヤラ軍は戸惑いながらも下手に集まるんだけど、今年は誰が「踊ろうぜ!!」って言い出すのかな〜〜と思ってたら、まさかの前の人の頭にかぶってそのシーンが見えなかった…見える範囲での消去法でテラニシが言い出しっぺ??すごいぴょんぴょんしてた気がするかわいい〜

 

さてHigherです。みんなコウイチだ!!あの頃みたいに一緒に踊ろうぜ!!ってヤラ以外は踊るんですけど、も〜〜みんなキラキラ笑顔!いい笑顔で踊ってるの!!楽しそう!!!!松松かわいい〜〜〜テラニシめちゃうまい〜〜〜〜ハマナk………はいちょっとまってください。ハマナカ!!!!!!!ブンイチ!!!!!!!!全然笑ってない!!!!!!!!!!え??そんなキツい??いやキツいだろうけど演技中にあからさまに顔に出す男ではないんじゃないかな…???え??って思ってずっとハマナカを見てたんですけど、一瞬、一瞬よ。下手にいるヤラをチラっと見たの。

 

そういうことかよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

ハマナカ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

即理解した。

ヤラのこと気にしまくってる。ハマナカは大変な立ち位置だなぁ…。

 

で、終わったあとにハマナカが一番にヤラに駆け寄るんだよね…。ハァ…。ハマナカ…お前なんなん…ヤラのなんなん…。

ってなってたら気づいたらヤラが「本物の刀にすり替えたのは俺だよ」って自白するシーンに。その時の全員の反応をみるのも毎年楽しみなんだけど、全員「え…」ってなってるなか、ハマナカだけ顔を伏せてるんだよね…。これ知ってたじゃん…。ハマナカほんとヤラのなんなの…。

それでヤラがリカにナイフを渡して、「俺をこれで殺してくれ。じゃないと俺救われないよ…」みたいなことを言ってリカがヤラの喉仏に向かってナイフを向けてるんだけど、わたしこのシーン、ヤラとリカの間からハマナカが観れる位置に座っていまして……。全員驚いたり怖がったりしてるポーズを取りながらそのシーンを見守ってるんだけど、ハマナカだけが…リカのことめっっっっっっっっちゃ睨んでるんですよね……。こいつリカのこと殺す気じゃん……。いまにもタックルしそうなくらいにリカに向かって前傾姿勢してるし、眼光が鋭すぎて本当に殺気しか感じなかった…。ハマナカはヤラのなんなん……。

しかも、そのナイフの矛先がコウイチに向かった瞬間に一気に表情が和らいだんですよね。ええええ!?!?!?!?!?ってなった。さすがに。ほんとにヤラのなんなん!?!?!?!?

コウイチがリカに刺された瞬間とか、刺されたのに無傷だった瞬間は他のみんなと同じ反応してたけど。本当に新しい立ち位置だなぁ〜。来年度もしあったらまた出て欲しい!ほんとに!

 

話はちょっとズレまして、今年のリカはコウイチしゅきしゅき〜〜!でもヤラしゅきしゅき〜!!でもない気がしました。そのかわり、ビバさん(ママ)しゅきしゅき〜〜!だったように感じた!あと去年よりコウイチとヤラの距離がくっついたように思えた。だから上記のシーンのあとの「もう一度コウイチのショーに立たせてくれ!」で泣いてしまった…。毎年このシーンねむい〜って感じだったんだけど、今年なんかわかんないけどすっっっっっっごい引きこまれてSHOCKのストーリー追ってて初めて泣いた。(今まで泣いたのはフライング美しい〜!とかこの曲楽しい〜!とかそういうので)

 

さてここからコウイチの最後のショーが始まります。

 

割愛しますが。笑

 

傘フライングをみると、「あぁ、もうすぐ終わってしまう…」って思うし、

夜の海までくると「あぁ、終わってしまう…」ってすごく寂しくなってしまうんだけど、すぐ夜の海の世界観に浸かってしまうのでそういう感情を忘れてしまう。不思議じゃ〜。

夜の海が終わってコウイチの命が本格的に尽きてしまうのですが、ここさ!!!いままでは空に向かって手を伸ばして崩れ落ちるだけだったのにさ!!!!!今年は崩れ落ちたあとにもちょっと空に手を伸ばして少しもがいているようにしてから絶命って!!!!!しんどいがすぎるんですけど!!!!もう立っている力も残っていないのに、それでもなおショーを続けようとするコウイチ…。もうわたしこの辺からうっすら涙を浮かべ始めます。まだ垂らしてはない。

 

そのあとカンパニーの仲間たちに大事に桜の下まで運ばれてフィナーレへ。

 

CONTINUEが流れ始めて、コウイチが大階段の上から歌う演出。

わたしCONTINUEの演出が変わってから毎年「全然感動しないんだけど!!!!」ってキレながら見てたんだけど、今年やっとその演出の本質みたいなのが見え始めてきた気がする。毎年ずっとキレてて見ようともしてなかったかもしれない。確かに全員同じ歌詞でメロディで歌ったほうが圧倒的に迫力があるなぁとは思ってたんだけど、よく聞いたら新演出(っていう言い方ももう古いくらいに変わってから時が経っているけれどね)って、コウイチだけカンパニーと違う歌詞で歌ってるのね!?!??!?!?!?っていうのにやっと気付きました!!意地はってる場合じゃなかったね!!!!コウイチとカンパニーはもう違う世界の人間なんだなぁ。って思って凄く悲しくなっちゃって、おいおいと泣いてしまった。CONTINUEで泣いたのなんて初めてだよ…なんだよ今年なんだよ…ってなってたら、すっかり忘れてた!『ヤラにだけコウイチの姿が見える』演出!!!!!

ヤラがふと何かの気配を察して、その方向を向いたらコウイチがいて、うわあ!!って驚くんだけど、なんかちょっと顔を歪ませるんだけど最終的にはコウイチとヤラが笑顔で歌い合ってるのが本当にしんどくて……。もうほんと自分じゃ抑えられないくらいには号泣していた……。っていうか周りの人泣いててもちょっと手で拭う程度だったのに、わたし両目の下をタオルで抑えてないといけないくらい号泣してて自分でも引いた…。

っていうかそのあとすぐにカーテンコールで、まってまってわたしそんなテンションじゃないんだけどまだ!!!まだ涙止まらないんだけど!!!!って感じで凄い大変だったwwwもう!コウイチが最後出てくるまで涙全然止まらなかったんだけど!!結局最後の最後まで涙とまらんかった!!!冒頭でも言いましたがSHOCK見始めて9年目です!!!!!!!初めてみて号泣だったらわかるけどこれはどうなの!!!

いやでも裏を返せばそのくらい今年のSHOCKは凄くよかった…。

 

SHOCKって1度で全てのことを理解するのは無理だとばかり思ってたんだけど(何せSHOCKの演目中に、コウイチたちの演目が始まるから)、近年の台詞改変のおかげで状況がわかりやすくなったのでストーリーは今まで見てきたなかで今年が一番わかりやすかった!!!これはカンパニーのバクステ、これは劇中歌。って文字で表現するのもわたしには難しいんだけど、感性とか理解力のある人は初めてでもとても楽しめると思うので、是非!!!是非地方公演スケジュールがうまいこといったなら!!!行ってみてほしいです!!!!!ほんとに!!!!!

あとは地方公演でも帝劇と同じメンバーであることを願って!!!

今年のSHOCKはほんとにたくさんの人に見て欲しい!!めちゃ面白かった!!!

 

とりあえず、以上、SHOCKレポでした!!!

追記するかもしれないししないかもしれない!

文章書くのヘタで1万字近くなってしまった!すいません!!!

We are KinKi Kids DOME CONCERT 2016-2017 〜TSUYOSHI & YOU & KOICHI〜

アリーナツアー1回も行けなかったから、元旦(2016年の)ぶりだよKinKi Kids〜!!!!

ヒュ〜〜!!!!!

 

って感じで行ってきました東京初日!

あのね、年明けちゃったけど書くね。

もう記憶ないんだけど〜もっとはやく書くべきだった〜!

 

チケットが届いて、ドキドキしながら開けたらアリーナBだったの…

「アリーナ」という文字が10年ぶりで挙動不審になった。

いやまってまって!?!?!?アリーナ!?!?え!?!?!?ってなって、すぐ一緒に行く友達に連絡したんだけど、数字が後ろのほうだったから埋もれだね(笑)落ち着こう(笑)ってなったんだけど、

実際ドーム行ったら最前ブロックだった(笑) Aブロックどこいったよww

もうね、肉眼でメインステージが見えるの。なにこれーーー!!

こんな経験初めてだよ…だって東京ドームだよ??なにこれーーー!!

 

客電が落ちたら、当たり前だけの目の前にKinKi Kidsがいて、「かっこいいーー!!!」って叫んでた…知ってる…

っていうかオープニングの衣装が好きすぎて無理…なにあれ最高…

好きしか詰まってないじゃん…

 

もうねーー、全然覚えてないんだけども、えねっちけーのSONGSのKinKi Kids特集みてたからPlugin Loveのサビ部分「君とならPlugin」の部分の振りを実際見れてめちゃ嬉しかった〜〜〜!!!そこだけ知ってたから一緒に踊った〜〜楽しい〜〜〜!タイミング難しかった〜〜!!!ww

 

あと、いま!いまよ!リリース時期じゃないのにDanger ZoneのMV衣装で登場した堂本光一が最高すぎて〜〜〜〜!!!!!もう二度と見れないと思ってた(´;ω;`)かっこいい(´;ω;`)M字開脚フゥ〜〜!!!(´;ω;`)

それとINTERACTIONALがね!!!バックダンサーに振付師のYOSHIE氏!!!!この方もまさか生で観れるとは思わず!!!!かぁ〜〜〜っこいいことかぁ〜〜〜〜っこいいこと(´;ω;`)なんという贅沢〜〜〜(拝)

 

そのあと剛ソロになるんだけど、めちゃ昔に作った曲が出てきたらしくてそれ聞いてて、いっっっっっちばん最後の歌詞が「今日もどこかで僕に映って」みたいなこと書いてて、ヒェ〜〜〜〜ってなった。重い。途中まで、なにこれおたくの歌じゃんみたいな感じで聞いてたんだけど(歌詞が重いとすぐ担降りソングに聞こえてしまう)最後の最後がやばすぎた。僕の靴音っていう書籍にどうやら歌詞が書いてあるらしいので覚えてたらあとで読んでみる〜〜〜。中学生の頃にこの本が大好きすぎて、もうくたくたになってしまってるけどね!どこしまったかな…。

からの、FUNKセッションね!普段堂本剛のソロライブに行ってるから何か嫌な予感はしたけど大丈夫だったwwwコーラスの人とかストリングスひとりひとりやるのかとヒヤヒヤしたww大丈夫だったwwwちなみにソロライブではひとりひとりやります。セッションだけで1時間以上あるよ!(笑) アリーナ前方だからこその楽しみ方をしてたんだけど、演奏者を見ないでずっと堂本剛をみていた〜〜!指示を出す堂本剛かっこいい〜たのしい〜〜〜! あとカウントジャンプ(?)なんだけど、これ普段行ってる人じゃないとわかんないよな…ってなった。普段指でカウントだして、剛が足をダンッて踏んでからのジャンプのタイミングなんだけど、東京ドームではさすがに無理だよ〜wwwwモニター指しか映ってないもんwwwwちょーたのしかったけどね!最後の無限ジャンプが割りとすぐ終わってよかったです!!!(老体)

でもあのセッション長いの、ツイッターで光一のお色直しタイムだったんじゃねって言ってる人がいて即納得した。髪型も変えなきゃだったもんね!納得納得!!!

 

かーーらーーーーのーーーーーーー!!!!

薔薇と太陽〜〜〜〜!!!!最高の流れかよ〜〜〜〜!!!!

しかもまた振付師のYOSHIE氏がおる〜〜〜ギャーーー!!!!!!

ってなったのもつかの間、MVの光一ver.でしか見たことがなかった間奏での腕を組みながらジャケットを靡かせるターンを目の前で見てしまって、もう…チケット代以上の価値はあった…と心の中でほろりと涙を流すうどんさん。

 

------

 

というところまで下書きしてあって今日の今日まで下書きしてた存在忘れてたよ!!!もう記憶ないよばか!!!!!

 

本編終わって、アンコールしながら「そういえばトロッコとか今回無くない??」って話してたらいきなり愛かた流れ始めて、周りがギャアァアァ!!!てなってて何だ何だ?!?!と思ったら目の前のね!!あの床が透明な移動ステージ(名前なんだっけ?松潤考案したやつ!)の上に誰か乗っててさ!!!でもピンスポ当たってないから誰かわからないんだけどさ!!明らかにシルエットが光一でさぁ!!!!2人でギャアァアァギャアァアァ騒いでさ(笑)

心の準備が出来てなさすぎて「無理!!まって無理!!」とか「こっち来ないで無理!!ねえ!やめて!!!」とか謎の拒否してて思い返すと面白い。「♪心配性すぎなあなたは〜」のとこでちょうどわたしの真上くらいだったんだけど、もう歌い始めるくらいのときには近づいてくる光一があまりにも美しすぎて、友達と2人で無言の乙女ポーズ(両手を握りしめたり祈るポーズ)してたよね……。いやあれは無理だ…… 真上を通って、背中を眺めながら静かに2人で「かっこよかったね…」「光一ってすごいね…」みたいななんか悟りを開いた感じで放心状態だった……。

20年見続けてたのに、なお「かっこいい…」って当たり前なことを自然と口走ってしまう程度には美しかったよ堂本光一……。

 

そのあとしばらくしてから剛も来るんだけど、心の準備出来すぎてて(バクステに行ってる間に反省会した)近づいてくる堂本剛に対して至って冷静でいられt……いや無理だかわいい〜〜無理〜〜〜〜かわいい〜〜〜〜生まれてきてくれてありがとう〜〜(乙女のポーズ)(2回目) なんなんだよKinKi Kidsほんと意味わかんねえ…意味わかんねえ……って改めて思った瞬間でしたね。

 

 

今回演出とかのこと、ちょっと思ったんだけど地味だった????アリーナのステージ直近すぎてあんまりライティングとかわかんなかったせいなのかもしれないけど、派手なステージ構成ではなかった気がする…??と思ったらアリーナツアーと同じステージだったのね!規模は違うけど!セトリとかもほぼ変えないってそういえば言ってたからバクステとか使わず(アリーナだから使えないよね)っていう構成をそのままドームでやったらそりゃメインステ滞在時間ながくなるわな!

セトリもここ近年、王道中の王道曲ばかり歌ってる気がしてるよ〜〜好きだけどさ!もっとさ!あるじゃんKinKi Kids!20年分のアルバム曲カップリング曲いっぱいあるだろ〜??という気持ち。歌ってくれたら歌ってくれたで嬉しいんですけどね…(今回セトリ見ずに行ったら1曲目のイントロで無事死亡)

 

今年の夏にかけて、またドカーーン!!とやってくれると信じてるので…、個人的な感想としては、鍵さしてエンジンかかったくらいかな、という感覚。まだアクセル踏み込んではないかな〜〜。楽しかったけど、ドームでやるには色々と規模が小さくて満足はしてない!

 

なんか色んなグループが◯周年!とか言ってるけど、まだまだ負けねえからな!!という気持ちを全員持って楽しい日々を過ごしたい〜!年が明けていよいよ20周年。

一体何が起きるんだろう。

いや、わたしたちが何か起こすのか??